愛知県瀬戸市です☆瀬戸内海の瀬戸ではありません☆どうぞお間違いのございませんように


by setoparkhotel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2014年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第37回デザートフェアのお知らせ

日時:6月21日(土)13時~

新規のお客様へお知らせ
○当フェアのお菓子は全て家庭用の設備で製造している為数に限りが御座います。
予め御予約される事をお勧めします。

○菓子名の前の印について
は作者の思い入れが特に強い品。
しかし、一般の方には難解な部分を持ち合わせたお菓子です。
は再登場の品、
はその回の新作、
はどなたにも召し上がり易い品となっています。

○デザート用の食器は私物を使用している為、数が揃いません。
注文が重なった場合、かなりお待ち頂く事になりますのでお時間に
ゆとりのある方のみ御注文下さい。

○生菓子をお持ち帰りのお客様は距離に拘わらず必ず保冷バック並びに
ケーキ箱以外のスペースが十分埋まるだけの保冷剤を御持参下さい。

生菓子
○*タルトレット・シトロン・ヴェール・エ・ジャンジャンブル ¥470
b0164894_1634202.jpg

空焼きしたパートシュクレにジェノワーズムースリーヌ、
ライム風味のガナッシュイボワールを詰め生姜とマスカルポーネの
ババロアをのせライムのジュレで仕上げてあります。
殆どの方が最初の一口で素直に美味しいと感じられるお菓子
ではないかと思います。
※ライムは防カビ剤不使用の物を使っています。

◎紅茶のお菓子 ¥450
b0164894_16345069.jpg

紅茶のビスキュイキュイエールでギョッとする程濃く抽出した
アールグレイのクレームとジュレを挟みムラングイタリエンヌで覆ってあります。
紅茶という一つの素材が様々に表情を変えていく様を楽しんで頂きたい一品です。
全てのパートが一度に口に入る様にしてお召し上がり下さい。


◎*トゥリロジ・オ・ショコラ ¥450
b0164894_16351121.jpg

これもかなり初期のお菓子で当時はまだ良いチョコレートが輸入されておらず
フランボワーズのオ・ド・ヴィとリキュールで味わいに膨らみを持たせていました。
今ではペック社のチョコレートが使えるのですが、それでも酒を加えた方が
個人的にはしっくりくるのでこちらのスタイルでご紹介します。
イボワール・ラクテ・ノワール各々のババロアとビスキュイショコラの組み合わせです。

○トロピカル ¥470
b0164894_1647358.jpg

杏とピスタチオ王道の組み合わせにトロピカルフルーツを合わせた
少し変則的なお菓子です。
甘さのトーンを押さえたピスタチオのババロアに通常より砂糖の配合が
多い固めのビスキュイを合わせる事により口の中ではより明確なコントラストが
感じられる様にしてあります。
必ずビオスキュイ・ババロアの両方が一度に口に入る様にしてお召し上がり下さい。



○エヴァズィオン(逃避) ¥470
b0164894_16473184.jpg

ココナッツ、マカダミアナッツ、イボワールのサブレ、ココナッツのジュノワーズ、
ココナッツ、バナナ、パイン、マスカルポーネのムース、ライムと生姜で香りを付けた
バナナとパイン、そしてキルシュのジュレの仕上げです。
ドゥニ氏のお菓子には同名の物が度々登場するのですが、これは2005年に紹介された
物でこのお菓子を食べる事で遠い異国へ逃避できればといった意味合いが込められているそうです。

焼き菓子
○タルト・クレームズ・オ・キウイ ¥380
b0164894_16475762.jpg

空焼きしたパートブリゼに単独では素っ気ナイ味になりがちなキウイのコンポートに
フランス産リンゴのペーストを加える事で膨らみを持たせキルシュでマリネしたキウイ、
アパレイユ ほんのりとキャトルエピスの香るクランブルを詰め焼いてあります。
加熱によりキウイの酸味が際立ちこの季節でも食べ易いタルトに仕上がっています。


○☆タルト・バナーヌ・エ・ノア・ド・ココ ¥320
b0164894_16481841.jpg
           
多くの方がこのタルトのココナッツのざらつきに不快に感じられる事と思います。
ですが日本人の尺度のみでフランス菓子を測るというのもいささか乱暴な様に思います。
少しだけでもこのお菓子に歩み寄ってこのざらつきの意味を考えてみて下さい。
本当に美味しいタルトなんです。
※軽く温め直してからお召し上がり下さい。

デザート
○クープ・フレシュール・デ・テ ¥800

今回は某有名フランス人パティスィエ氏のスペシャリテの構成を拝借しました。
フランボワーズ、ライチ、バラ、日本人には思いもつかないエキゾチックな取り合わせです。
ライチのソルベとジュレ、バラのブランマンジェ、フランボワーズのクレーム・グラッセ(詳細未
定)などを盛り込みました。


次回開催日
8月、9月はお休みさせていただきます。

10月11日(土)又は25日(土)未定(2週間程前にお問い合わせ下さい)
・ラミ・カカウェット(チョコレートムース ピーナッツ バナナのクレムー)
・スタニスラス(杏 ブドウ入りベルガモットのババロア)
・ブリオッシュ・オ・フリュイ(ドライフルーツとピスタチオのクレーム入りブリオッシュ)
など10品程を予定しています。



[PR]
by setoparkhotel | 2014-06-13 19:17 | Trackback | Comments(0)