愛知県瀬戸市です☆瀬戸内海の瀬戸ではありません☆どうぞお間違いのございませんように


by setoparkhotel
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:未分類( 203 )

第55回デザートフェア

第55回デザートフェア7月9日(日)13時から開催いたします。


お知らせ

7月のフェアでは基本的に持ち帰りはお勧め致しかねます。

今回ですとシュルプリーズ・デ・ボワ リモンセロ
ランダルーはなるべくイートインされた方が

宜しいかと存じます。
どうしても持ち帰りをご希望のお客様 特に新規の
お客様は必ず保冷バッ
ク・保冷剤をご持参下さいます
様お願い致します。

リモンセロ・タルトムラングに使用していますライムの
皮は防カビ剤不使用の物を使用しています。



生菓子


b0164894_15472078.png
◎シュルプリーズ・デ・ボワ ¥550
ビスキュイジョコンドピスターシュ、ババロアズマント、
ババロアズパスィオン、フレーズ・デ・ボワをビスキュイ
ジョコンドとコンフィテュールフランボワーズを重ねた
ビスキュイサンドで囲み全体にジュレパスィオンを
塗ってあります。
ミントの冷たい舌触りが軛となり単にエキゾティックなお
菓子に止まっていない所に私は惹かれる様です。

リモンセロ ¥500
リモンセロはリモンチェッロのフランス語表記で一応
ポンシュには使用してありますがこれが主体のお菓子とい
う訳ではありません。
ダックワーズにババロアズレダマンドゥとフランボワーズ
のガルニテュール、ムースシトロンヴェール、ジェノワーズ
ムースリーヌと重ね表面はムラングイタリエンヌで
仕上げてあります。


b0164894_15472420.png
○ランダルー ¥550
パンデピスには様々な種類がありますが今回使用している物は
スパイスは控え目で主に食感に特徴があるタイプです。
とても独特な食感ですので一度召し上がられただけでは寧ろ
違和感を感じられる方が殆どかと思います。
このパンデピスにムースオショコラ、オレンジ、トロピカル
フルーツのジュリフィエ、オレンジのパータボンブとクレーム
シャンティを合わせたクレームジュレオランジュそしてサイド
にはビスキュイジョコンドを配してあります。



b0164894_15472799.png
◎オロール ¥550

杏のリキュールとキルシュに漬け戻したドライアプリコットと
クルミを散りばめたビスキュイザマンドでババロアズレ
ダマンドゥを囲み中にはルバーブとドライアプリコット
2種類のガルニテュールを合わせ上にフォンドロシュシュアール
(ダックワーズに同じ)をのせてあります。
夜明けの移ろいゆく空の色をイメージして作られたそうです。



b0164894_15473717.png
◎タルト・ムランゲ・オ・フリュイ・エグゾティック ¥520

パートシュクレにフランタイプのココナッツのアパレイユを
流して焼き上にキウイ、パイン、マンゴー、バナナをライムの皮、
レモン汁、ホワイトラムで和えた物をのせさらにその上に
ムラングイタリエンヌを絞り焼いてあります。

※写真のスターフルーツは当日は使用しません。



焼き菓子


b0164894_15473344.png

◎クーロンヌ・オ・プラリネ ¥300
先ず前回不本意ながら不出来なクーロンヌを皆様にお出しした事
をお詫び致します。
失敗の原因は理解が浅いままヴィロンの粉を使用した事にあります。
今回本来のルセットで改めてご用意させて頂きます。


デザート

◎ペーシュ・メルバ ¥900

現代フランス料理に多大な影響をもたらした料理人オーギュスト・
エスコフィエ、彼がロンドンのサヴォイホテルの料理長時代に
オーストラリアのオペラ歌手ネリー・メルバが自身が出演
ワーグナーのオペラ
「ローエングリン」に彼を招待しました。
エスコフィエはその返礼として彼女の名を冠したデザートを
考案します。
それがペーシュメルバです。
今では定番のデザートですがオリジナルはローエングリンに
登場する白鳥に準え氷細工の白鳥の羽の間にバニラのグラス、
桃、フランボワーズのソース、綿菓子を飾った豪華な物だった
そうです。

※桃が入手出来なかった場合勝手ながら今回のデザートは
取り止めとさせて頂きます。



料理

ラ・サラッドゥ・トロペジェンヌ¥600

全てバトネに切り揃えたセロリ、根セロリ、隠元、マッシュルーム、
ハム、グリュイエールチーズ

を赤ワインヴィネガーとマスタードのシンプルなヴィネグレットで
和えたサラダです。

※イートイン限定とさせて頂きます。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回開催日

8月9月はお休みさせていただきます。

10月7日(土)又は8日(日)未定

・シュルプリーズ・ドゥ・シュー(ルバーブのコンフィテュールとマスカルポーネのクリームシュー)

・ペルルドール(ミラベルのクレムーとキャラメリゼしたビスキュイジョコンド)

・グラナダ(ジャンドゥーヤのムースリーヌとオレンジピール)

など8品程を予定しています。



[PR]
by setoparkhotel | 2017-06-28 10:30 | Trackback | Comments(0)
6月3日(土)13:00~
第54回デザートフェア開催致します。
今回のメニューは


生菓子
b0164894_15233707.png
○ルージュ・ベゼ ¥600
ボンブ型に仕立てたババロアズ・オ・フレーズ
の中にガルニテュールとしてソーテルヌベースで
ローズ・花山椒
・バジル・ミント風味のジュレと
フレーズ・デ・ボワを加えグリエしたアーモンド
入りのダックワーズの上にのせた物に苺のジュレ
をかけてあります。

※イートイン限定とさせて頂きます。

b0164894_15234011.png
◎フレシュール・デ・テ ¥550
ローズ風味のババロアズ・ショコラ・ブランに
フランボアーズとライチのガルニテュール、
ビスキュイ・オ・ザマンドゥを合わせ、
イチヂクのコンフィテュールを塗ったパータ・
ディアマンにのせ、イボワールのピストレで
仕上げてあります。
※持ち運びの都合上バラの花びらはイートインの
お客様のみ付けさせて頂きます。
.又、バラは食用ではありませんのでお召し上がりに
ならない様ご注意下さい。



b0164894_15234259.png

○モンテリマール ¥520
前回のヌガーグラッセはプロヴァンスの銘菓
ヌガー・ド・モンテリマールを氷菓で表現した
物でした。
今回ご紹介させて頂くお菓子はそれをプティ
ガトーに仕立てた物です。
ビスキュイピスターシュにラヴェンダーの蜂蜜
のムース、ガルニテュールにドライイチヂクと
ラム漬けレーズンを合わせ、表面は様々な
フリュイコンフィ、ナッツで飾ってあります。

b0164894_15240464.png
○エキノクス・オ・カシス ¥550
以前ご紹介しましたマンダリンとショコラを
組み合わせたエキノクスのカシス版です。
ザッハトルテから名付けられた薄焼きのショコラ
生地ビスキュイサッシェにカシスのリキュールを打ち、
カシスのクレームパティスィエールベースのクレーム
ムースリーヌとムースショコラを重ねココアで仕上げ
てあります。


b0164894_15240718.png
◎ズッパ・イングレーゼ ¥550
ジェノワーズ、フルーツ、クレームパティスィエール、
ムラングイタリエンヌを組み合わせたイタリアの定番
デザートで、フランスではスープアングレーズと呼ば
れます。
本来のスタイルはポンシュに赤い薬草酒アルケルメス
を使用しますが今回の物はキルシュのポンシュを打って
あります。
又、元のルセットではガルニテュールは苺とマンゴー
のみですが味のある果物を入手することは容易では
ありませんのでバナナとパイナップルの助けを借りる
予定でいます。
※お酒が効いています。



焼菓子


b0164894_15241088.png
○クーロンヌ・オ・プラリネ ¥400
クロワッサンに近い生地に焼いたノワゼットと
砂糖を挽いたマスノワゼットを塗りクルクルと
巻いた物を蛇の目型に詰め焼いたアルザスの
地方菓子です。

保存:乾燥を防ぎ翌日迄、軽く温め直して頂くとより
美味しいです。
※適当な包材の用意がありませんのでお持ち帰りの
お客様にはラップでくるんでお渡しします。

※Φ18cm 8カットとなります。


デザート

○ムース・グラッセ・オ・グリヨットゥ   ¥600

ビスキュイキュイエールにアーモンドパウダーを加えた
ビスキュイサボワにグリヨットゥのポンシュをたっぷり
と打ち、グリヨットゥの鋭い酸味が特徴のアパレイユを
流し表面をムラングイタリエンヌ入りのシャンティイ・
ショコラ・ブランで覆ってあります。
これを半解凍の状態で召し上がって頂きます。









料理

☆○ル・ダブレ・メディテラネアン    ¥450

地中海風クスクスのサラダです。クスクスに合わせられた
胡瓜、パプリカ、トマト、玉葱、レーズン、レモン、ミント、
コリアンダーの様々な味、香り、食感が一口毎に口中で
弾けるとても楽しいサラダです。
これを初めて口にした当時の私にはとても新鮮でその後の
食べ物に対する接し方に少なからず影響を与えられた思い出
深い一品です。
※イートイン限定とさせていただきます。

★商品ご予約後のキャンセルは不可ですのでご了承ください。




次回開催日

79日(日)

・オロール(杏とアーモンドのババロア)

・リモンセロ(ライムとアーモンドのババロア・フランボアーズ)

・シュルプリーズ・デ・ボワ(パッションとミントのババロア)

など8品程予定しています。

※現時点では7/9日(日)を予定していますが、
今回皆様のご都合をお伺いした次第によっては
7/8(土)に変更となる場合もございます。









[PR]
by setoparkhotel | 2017-05-25 09:50 | Trackback | Comments(0)
第53回デザートフェア 
5月6日(土)に開催いたします。


※今回は13:30からの開始となりますのでご注意下さいます
ようお願い致します。


※柑橘類の皮は防カビ剤不使用の物を使用しています。


生菓子


b0164894_6485264.jpg

○アリュメットゥ・グラッセ・オ・フリュイ・デ・トロピック ¥650 
※イートイン限定

カルダモン風味のグラスロワイヤルを塗ったパート・フィユテで
マンゴーとパッションのクレームムースリーヌとコブミカンの皮で
香りを付けたマンゴー、パイン、ライチのガルニテュールを
挟んであります。
コブミカンは私も昨年初めて口にしたのですが他のどの柑橘とも
違う独特な香りがとても印象的でした。
人によっては好みが分かれるかもしれません。


b0164894_650928.jpg

◎ル・ピエモン ¥500

ビスキュイピスターシュにいわゆるレモンカードの製法で作った
パッションのクレームとガルニテュールのフランボワーズ、ライムと
イボワールのバヴァロアズ、ライムのジュレの組み合わせです。
連続する異なる酸味をお楽しみください。


b0164894_6505038.jpg

◎ル・ディヴァン ¥500
パートグラニテ、ピスターシュを振り焼いたビスキュイキュイエールに
ババロアズピスターシュと苺とフランボワーズのガルニテュールを合わせ
苺とそのジュレで仕上げてあります。


b0164894_658472.jpg

◎ビールとクルミ  ¥550

ベルギービール「オルヴァル」のクレームムースリーヌとクルミの
ダックワーズを重ねビールとクルミのジュレを流してあります。
大量のクルミの歯触りにビールが負けない様に黒糖や
メイプルシロップなどで味わいの補強がされています。






◎ルリジュース ¥450
今回皆様のリクエストが一番多かったお菓子です。
修道女の姿を模したシューで本来のスタイルはコーヒーと
チョコレートの2種を組み合わせた物とされています。
これはローズとフランボワーズ各々のクレームパティスィエール
が詰めてあります。



b0164894_722383.jpg

☆◎レヴリ  ¥600

初めてこのお菓子を口にしてから既に20数年の時が経ち
ますが、その時の感動は今でも少しも色褪せる事なく、
私の中に有り続ける一品です。
ライム風味のビスキュイ・オ・ザマンド、生姜のコンフィ入
りローマジパンのムース・オ・ブール、ローマジパンの
マスカージュとアーモンド尽くしのお菓子です。

焼菓子



◎かりかりピーナッツのタルト ¥420

千葉産ピーナッツのクラクラン(炒ったナッツに砂糖をからめた物)
と黒糖、キャソナッド、生クリームを再結晶させたアパレイユを
このタルト用に調整したパートシュクレに詰めてあります。
保存:常温で3日
※非常に甘味の強いタルトですので納得の上ご注文下さい。
7x4.5x高さ1.5のオーバル型となります。
 
デザート

b0164894_75362.jpg

☆◎ヌガーグラッセ ¥750

泡立てた生クリームに砂糖の代わりにラヴェンダーの蜂蜜で
作ったムラングイタリエンヌとパータボンブを合わせ
ガルニチュールとしてノワゼット、ピスターシュ、オレンジピール、
アーモンドと蜂蜜などで作ったニ・ダベイユを加えてあります。
フランボワーズのクリで召し上がって頂きます。


次回開催日 6月3日(土)
・モンテリマール(蜂蜜とドライフルーツ)
・バジルとミント
・ルージュ・ベゼ(苺のバヴァロアズとソーテルヌのジュレ)
など8品程を予定しています。

[PR]
by setoparkhotel | 2017-04-24 10:00 | Trackback | Comments(0)
4月1日(土)の第52回デザートフェア
商品は売切れとなりました。
[PR]
by setoparkhotel | 2017-03-22 15:42 | Trackback | Comments(0)
第52回デザートフェア
4月1日(土)13時~ 



生菓子     
b0164894_11265920.png

◎マンゴーのビュッシュ¥500
ビスキュイキュイエールにアーモンドパウダーを加えたビスキュイサボワ
の表面にココナッツを振り焼きホワイトラムのポンシュを打った物で
マンゴーのムースとジュレを囲み表面はシャンティ・ショコラ・イボワールと
イボワールのピストレで仕上げてあります。
マンゴーのムースにもイボワールが加えられている為、ただすっきりした
ムースに終わる事無く幅のある味わいに仕上がっています。



b0164894_11272222.png

○レクレアスィオン¥500
ピスターシュのクレームムースリーヌ(生クリームタイプ)にはフランボワーズ、
杏のムースにはマセレした杏のガルニテュールを各々合わせ、スパイス入り
のビスキュイスペキュロスとムラングイタリエンヌで表面を覆い焼いてあります。
毎回申し上げていますがこの様にムラングで表面を仕上げてあるお菓子の
場合その本体は甘味のトーンが押さえられている事が多々あります。
必ず全てのパートが一度に口に入る様にしてお召し上がり下さい。



b0164894_11274236.png

◎コーヒーのパルフェ¥500
生地はビスキュイ・オ・ザマンド・キャフェ.下段にはババロアズキャフェ.
上段にはコーヒー豆とムラングイタリエンヌを加えた少し軽めのババロアズキャフェ
を合わせシャンティ・ショコラ・イボワール・オ・キャフェとジュレ・オ・キャフェで
仕上げてあります。パルフェの名の通り全体にフワッと膨よかなお菓子です。



b0164894_1128630.png

◎やさしくあたたかいフランボワーズとミルクチョコレートのムース¥500
ノワゼット.ミルクパウダーなどでさらに味わいに膨らみを持たせた
シャンティ・ショコラ・オ・レにフランボワーズのムースとジュレ.カリカリした
パートグラニテを振ったビスキュイジョコンドを合わせてあります。殆どの方が
美味しく感じるカテゴリーのお菓子かと思います。



b0164894_11283353.png

〇クロカン・オ・ザマンド・エ・バナーヌ¥500
 アマンドアッシェを振りカリカリに焼いたフォン・ド・シュクセ.通常の配合より
アーモンドパウダーが多く少し軋む様な歯触りのこの生地とプラリネ.
ロイヤルティーヌ.バナナチップを加えたクレーム・オ・ブールを交互に
重ねてあります。
元々の名前は「少し早い春を思わせるカリカリアーモンドとバナナ」です。



b0164894_11291539.png

○タルト・ノワゼット・オ・キャラメル・エ・ショコラ¥480
空焼きしたパートシュクレにキャラメリゼしたホールのノワゼットと蜂蜜入りの
キャラメルを詰め表面にキャラメル.ゲアキル.ラクテを合わせたガナッシュを
流してあります。常温に戻してからお召し上がり下さい。


焼き菓子



b0164894_11294295.png

○クイニュ・アマン・ドゥ・ドゥアルヌネ 
フランス産バターと粉を使用した場合 ¥450  
通常の材料を使用した場合 ¥300 

バターの(アマン)お菓子(クイニュ)という意味のブルターニュー地方ドゥアルヌネの
地方菓子です。製法としてはクロワッサンとほぼ同じですが一番の違いはバターと
共に大量の砂糖も一緒に折り込んでいく所です。
このバターと砂糖が焼成後キャラメルとなり表面を覆う所がこのお菓子の特徴です。
今回はフランス産のバターと粉を使用し製作する予定です。
※底φ14、上φ16のマンケ型1/4カットとなります。今回はリンゴをのせたタイプの
ご用意はありません。


デザート



b0164894_1130262.png

○ボンブ・プルガステル¥600
シチリア・パレルモ発祥のドルチェ「カッサータ」同じカッサータでも色々と種類が
あるのですがここでは氷菓タイプを使用しています。
泡立てた生クリーム.リコッタチーズチョコレートフリュイコンフィなどを混ぜ合わせ
冷凍庫で固めた物が元のスタイルです。今回はリコッタチーズは使わず生クリーム
ムラングイタリエンヌ.キルシュ漬けのフリュイコンフィのみを合わせた物を
ソルベ・オ・フレーズの中に流してあります。
※1人前はφ7のドーム型となります。


次回開催日
5月6日(土)
前回皆様にご協力頂きましたアンケートの結果を考慮し
内容を決めさせて頂きます。

(諸事情により新作が登場する場合もございます)

[PR]
by setoparkhotel | 2017-03-20 09:00 | Trackback | Comments(0)
《お知らせ》

いつもデザートフェアを
楽しみにお待ちいただいている
お客様へ

3月18日(土)に予定しておりました
第52回デザートフェアは

諸般の都合により中止させていただく事に
なりました。

次回の開催日は4月1日(土)となりますので
お間違えの無いよう宜しくお願い致します。

[PR]
by setoparkhotel | 2017-02-08 11:30 | Trackback | Comments(2)
51回デザートフェア商品は現在
のところ完売
となりました。

[PR]
by setoparkhotel | 2017-01-27 20:09 | Trackback | Comments(0)
第51回 デザートフェア

2月4日(土) 13時から開催です。


お知らせ
以前 告知しました通り12月、1月は同じ内容で開催致しました。
このスタイルが作り手、お客様双方にとって最良の形と考えての
事でしたが実際はそれ程の需要は無かった様です。

そこで今回より再び開催内容を変更させて頂きます。
まず偶数月は今まで通り新作を中心にご紹介します。
奇数月は過去のメニューの中から皆様のご要望を取り入れ全て再演
という形で行って参りたいと思います。

つきましては今後毎回もう一度食べてみたいお菓子のアンケートを
行いますのでご協力お願い致します。
(その季節に添ったお菓子を提案して頂けますと幸いです)
但し全てのご要望が直ちにメニューに反映される訳ではございません
のでご了承下さい。

過去のメニューにつきましてはホテルのブログを
ご参照下さい。



生菓子


b0164894_199624.png

◎ル・フェドラ¥420
キャラメルのポンシュを打ったビスキュイショコラに
シャンティーショコラ・ババロアズキャラメル・ジュレド
ポンム、ガナッシュをサンドしたビスキュイジョコンドを
合わせてあります。

b0164894_1994488.png

○ベレレーヌ¥550
ダックワーズショコラノワゼット、クレームショコラティ
ーヌ、ババロアズポワール、キャラメルとエピス風味の洋梨
コンポート、ビスキュイキュイエールオゼピス、
ガサッシュアグラッセの組み合わせです。

b0164894_19101717.png

○チョコレートとバナナのビュッシュ¥520
バナナのジュレとババロアズショコラをココアのポンシュを
打ったビスキュイショコラで囲いムースオバナーヌを絞って
あります。
表面に散らしてある物は焼いたパートグラニテです。


b0164894_19105734.png

○カシスとオレンジ¥520
ホールと刻んだカシスを加えたビスキュイオザマンドで
オレンジ風味のシャンティショコライボワールを挟んで
あります。

b0164894_19112213.png

○トゥリアノン¥380
リカール風味のムースオブールを乾燥焼きしたダックワーズで
サンドしガルニテュールにはリカールでマセレした
パイナップルとそのシロップを打ったダックワーズを
入れてあります。
※φ5.5、h3.5の仕上がりとなります。


b0164894_19125354.png

○早い春の陽だまり¥500
オレンジとバナナの風味のビスキュイオザマンドとパート
ドノワゼット入りクレームオブールを重ね表面にオレンジ
風味のアマンドキャラメリゼをのせてあります。
※実際は3x9xh4.5の長方形の仕上がりとなります。


焼き菓子




b0164894_19141155.png

◎ミルリトン・オ・プリューノー¥360
軽くシナモンとオレンジの香るパートシュクレに赤ワインと
スパイスでコンポートしたプルーンとアーモンド入りのアパ
レイユを流し焼いてあります。
保存:常温で翌日迄
※実際はφ6.5h2強のポンポネット型となります。


デザート




b0164894_19155612.png

○ダルトワ・ピスターシュ・オ・ザブリコ・エ・オ・ミルティーユ¥1,000
杏のリキュール、バニラなどと共に炊いたドライアプリ
コットとブルーベリー、クレームダマンドピスターシュを
パートフィユテで包み焼き、杏のクーリとグラスレダマンド
を添えてあります。
※パイとグラスのみのシンプルな構成ですが杏のコンポート
のリキュール、グラスのアーモンドなどかなりの量を使用し
見えない部分に材料費がかかり少々高めの金額となっていま
すので納得の上、御注文下さい。



次回開催日 3月18日(土)
内容につきましては2月のアンケートの結果を考慮した上で
決めさせて頂きます。
[PR]
by setoparkhotel | 2017-01-26 19:19 | Trackback | Comments(0)
あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

本年も瀬戸パークホテルを
ご愛顧の程
どうぞよろしくお願い申し上げます。


b0164894_10572628.jpg
[PR]
by setoparkhotel | 2017-01-04 10:57 | Trackback | Comments(0)
お客様各位

2016年も瀬戸パークホテルを
ご利用頂きまして誠に有難うございました。

当ホテルは誠に勝手ながら

12月29日から2017年の1月3日まで休業
致します。


年始の営業は1月4日より、電話受け付けは
9:00から開始致します。


2017年も変わらぬご愛顧の程宜しく
お願い申し上げます。


b0164894_2033993.png
[PR]
by setoparkhotel | 2016-12-28 20:03 | Trackback | Comments(0)