愛知県瀬戸市です☆瀬戸内海の瀬戸ではありません☆どうぞお間違いのございませんように


by setoparkhotel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
第49回デザートフェアのお知らせ

今回から2か月連続同メニューでの開催となります。

1月7日(土)分のご予約も受け付けております。
必ず12月・1月どちらの月かお伝えの上ご予約下さい。
(内容は一部変更となる場合もございます。)

・柑橘類は全て防カビ剤不使用の物を使用しています。

生菓子

b0164894_13115453.jpg

○柚子のムース¥500
柚子とフロマージュブランのムース、柚子のジュリフィエ、
深く煎ったノワゼットと砂糖をペーストにしたピエモンテを
各々に加えたビスキュイジョコンドと柚子のジュレを重ねて
あります。柚子とピエモンテ正反対の素材が作り出すいつも
とは違った表情の柚子です。



b0164894_13123416.jpg

○ビュッシュ・オランジュ¥550
パートドノワゼットのポンシュを打ったビスキュイノワゼット
で自家製オレンジのコンフィテュールから作ったジュレ、
オレンジのババロアを囲いオレンジのバタームースで
仕上げてあります。
こちらも柚子のムースとアプローチの仕方は同じですが
よりふくよかな仕上がりとなっています。



b0164894_13133389.jpg

○キャピュシーヌ¥650
ムースショコラとオレンジのジュレ、アールグレイで
コンポートにしたプルーン、オレンジピール、粉を使わずに
焼いたオレンジ風味の柔らかいビスキュイショコラをドーム型に
仕立てオレンジピールとアーモンドのフロランタンの上にのせ
グラサージュショコラをかけてあります。



b0164894_1313493.jpg

◎ウージェニー・ドゥ・ペーシュ・ア・ラ・カネル・エ・オ・ミルティーユ¥550
黄桃、ブルーベリー各々のコンポートをガルニテュールとした
シナモンのババロアをノワゼットを振りかけ焼き、桃のリキュ
ールのポンシュを打ったビスキュイキュイエールで囲ってあり
ます。ナポレオン3世の妃、ウージェニー・ド・モンティジョ
の名が付けられています。
※今回はφ18cm8カットとなります。



b0164894_1314679.jpg

○さつま芋と生クリーム¥500
シナモン.オレンジの風味を付けて炊いたさつま芋をビスキュイ
ノワゼット、バターと合わせるタイプのクレームムースリーヌに
加えさらにガルニテュールにも使用してあります。表面には穏や
かな味わいのクレームシャンティプラリネを合わせ芋との調和を
とってあります。
※常温(20℃)に10分程置いてからお召し上がり下さい。

焼き菓子


b0164894_13143591.jpg

◎タルトレット・ポンヌフ¥350
新しい橋という名前でありながら、パリで最も古い橋ポンヌフ。
このお菓子の名前の由来はシテ島を横切って架かる姿を模した
ともかつてポンヌフの上で売られていたからとも言われています。
パートブリゼにフランボワーズのコンフィテュールとパータシュ、
クレームパティスィエール、クレームダマンドを合わせた物を詰め
焼き写真の様に仕上げてあります。
一般的な山型に浮く物と比べ今回の物はクレームダマンドを
加えている為 平らに焼き上がりますがその分より味わい
豊かな物となっています。

トゥレトゥール


b0164894_13145835.jpg

◎ラ・フラミッシュ・オ・ポワロー¥500
フランス北部フランドル地方で作られているキッシュと考えて
頂ければ良いかと思います。炒めたポロ葱とベーコンのみを
使用したシンプルで優しい味わいです。日本とフランスの素材の
違いを熟知し工夫されたパータパテとクリがあってこそ存在
出来る一品でしょう。
※オーブンで温め直してからお召し上がり下さい。


デザート
○ポワール・ベル・エレーヌ・エピセ¥1000
ジャック・オッフェンバックのオペレッタ「美しきエレーヌ」から名付けられた洋梨、
グラスバニーユソースショコラを組み合わせたデザートです。
以前ご紹介したペーシュメルバと同じくこちらもエスコフィエが考案し現在では
定番のデザートの一つとなっています。
今回は洋梨にスパイスの風味を加えソルベポワールも添えてあります。

次回開催日 1月7日(土)
開催日が近づいて参りましたら変更内容等を含めお知らせさせて頂きます。

[PR]
# by setoparkhotel | 2016-11-23 13:19 | Trackback | Comments(0)
10月がお休みになったので久しぶりのデザートフェア
です。大変お待たせいたしました。

第48回デザートフェアのお知らせ

日時:11月5日(土)13:00~

今回は下記商品です。


生菓子

b0164894_17123080.jpg

○ヴェルヴェンヌ ¥450
           
オレンジ・パイン、バナナの香りを付けたババロアとジャンドゥーヤの
クレームシャンティをヴェルヴェンヌのビスキュイキュイエールで挟ん
であります。輸入されているヴェルヴェンヌには本来の爽やかな香りが
残っていないので自家栽培した物をドライにして使用しています。

    
b0164894_17124920.jpg
                
○米とオレンジ ¥500

粘りの少ないインディカ米を牛乳、バニラなどと共に炊いた リ・オ・レの
ババロアとオレンジのババロア、ショコラのババロア、ビスキュイショコラを
合わせオレンジのジュレで仕上げてあります。米を主食としている我々には
なかなか理解し辛いお菓子です。
もし意識的に頭を切り替え米を純粋に素材の一つとして捉える事が出来た
ならこのお菓子が持つ本来の楽しさを感じ取る事が出来るかもしれません。
※オレンジの皮は防カビ剤不使用の物を使用しています。

     
b0164894_17132997.jpg

○ロリゾン ¥520
                  
マロンのババロア、ビスキュイ・オ・ザマンドにガルニテュールとして
マロンのシロップ漬け、カシスのジュリフィエを合わせカシスのジュレで
仕上げてあります。サイドにはヌガーが付けてありますがババロアの水分
ですぐに溶けてきますのでお持ち帰りお客様にはヌガーを別添えで
お渡しします。表面に振りかけてからお召し上がり下さい。


b0164894_17134629.jpg

○ガドー・グルノブルワ ¥500
                  
ペースト状のクルミを加えたビスキュイ・ノアでクレームパティスィエール、
バター、クルミのペーストを合わせたクレームを挟み表面にはクレーム
パティスィエール、生クリーム、クルミのペーストを合わせたクレームと
フランボワーズのコンフィテュールを交互に絞ってあります。
ドイツ菓子の手法が随所に反映された一品です。
※常温(20℃)に10分程おいてからお召し上がり下さい。


b0164894_17131212.jpg

○プルーンのムース ¥450
                    
コンポートにしたアジャン産プルーンをムース、ポンシュ、ジュレ各々に
使用してあります。生地もおとなしめのビスキュイキュイエールを合わせ、
本来のプルーンの味わいより少しだけ高い所でお菓子に仕立てられている
といった印象です。

         
焼き菓子

b0164894_171456.jpg

○かぼちゃとチョコレートのクレオル ¥380
かぼちゃのパートシュクレで別焼きしたかぼちゃのクレームダマンドと
ミルクチョコレートのガナッシュをサンドしてあります。
保存:冷蔵で2日



b0164894_1717185.jpg

○パレ・オ・マロン ¥350
                    
パート・ド・マロン、栗の粉入りのサブレでミルクチョコレートとプラリネノワゼット
のガルニテュールをサンドしてあります。 
保存:常温で3日 




デザート

b0164894_17171875.jpg

○ラルデショワ ¥600

グラス・オ・マロンの中にマロンのシロップ漬け、コニャック漬けレーズンを
加えたジャンドゥーヤのパルフェを詰めた物をアーモンド入りの乾燥焼きした
ムラングの上にのせてあります。


次回開催日
12月3日(土)
 
 ・ビュッシュ・オランジュ
 ・柚子のムース
 ・レキュルイユ(プラリネノワゼットのお菓子)
など8品程を予定しています。
尚、本来の予定通り、12月と1月が同じ内容となりますので
お間違いの無いよう宜しくお願い致します。
[PR]
# by setoparkhotel | 2016-10-19 17:42 | Trackback | Comments(0)
10月1日(土)に開催を予定しておりました
第48回デザートフェアは小栗氏の体調不良
により中止の運びとなりました。

当フェアに合わせご予定を組まれていらした
皆様におかれましては急な変更により
ご迷惑をお掛けしました事を
お詫び申し上げます。

次回11月5日(土)につきましては予定通り
開催する方向で考えておりますので
宜しくお願い申し上げます。

[PR]
# by setoparkhotel | 2016-09-15 09:13 | Trackback | Comments(0)
第47回デザートフェアのお知らせです。
日時:7月9日(土)13:00から
開催いたします。

メニュー発表の前にパティシエの小栗氏よりお知らせです。

この度、これまで隔月で開催して参りました食事会の終了に
伴いましてデザートフェアの開催日を増やす運びとなりました。
基本的に同じ内容でふた月ずつ続けて開催していく予定です。

10・11月/ 12・1月/ 2・3月/ 4・5月/ 6・7月が
各々同じ内容となります。

但し生の果物を使用した物などは季節の推移に伴い同じ品を
ご用意出来ない場合も出てくるかと思いますがご了承下さい。

内容の変更の有無に関わらずいつも通りメニューを掲載させて
頂きますのでご確認下さい。後半にご予約頂いたお客様には
選択の余地が限られ心苦しく思っておりましたが
この点も解消される事と思います。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


〈メニュー〉

今年も既に30℃越えの日が続いています。
持ち帰りのお客様は必ず保冷剤、保冷バックをご自参下さい。
またメニューの上から溶け易い順に並べてありますので
店内でお召し上がりになる場合の参考になさって下さい。

生菓子

b0164894_10265615.jpg

○エスカパッドウ ¥600

ビスキュイショコラ、ムースショコラ、パイン、マンゴー、ライチを
パッションのジュレで寄せたガルニテュールをドーム型に
仕立てサブレショコラの上にのせピストレで仕上げてあります。
日本で入手出来る果物でこの3種のショコラのパートに
太刀打ちするのはやはり困難なようです。
別のお菓子にならない程度に可能な限りの修正を試みました。
※イートイン限定とさせて頂きます。


b0164894_10275633.jpg

◎※マンゴーとライム ¥480
ライムのムース、マンゴーのムース、マンゴーのジュレに
ビスキュイジョコンドの組み合わせです。
殆どの方が素直に美味しく召し上がって頂ける領域の
お菓子だと思います。
ただ他の生地では無くジョコンドを使用してある意味だけは
少し心に留めて味わってみて下さい。
※ライムは防カビ剤不使用の物を使用しています。


b0164894_10284074.jpg

◎フレシュール・デテ ¥520
各々のパートのお菓子の中での役回りがここまで明確な物もそうは
無いのではないでしょうか。全体の中で一番淡いトーンのアーモンド
のババロア、それに続く杏のムース、両者を繋ぐビスキュイ、
もう一段上のトーンのダックワーズそして最も強い味わいの
杏のガルニテュール、フランス菓子を理解しようとする者にとって指標
の如き一品です。


b0164894_1029876.jpg

○バナナとフロマージュブランのシュー ¥350
飴がけしたシューにバナナ風味のクレームパティスィエールと
フロマージュブランを合わせたクレームを詰めてあります。
以前ご紹介したサランボーと同じ構成ですがそれ程強烈なインパクト
はありません。しかしながらフランス産フロマージュブランが作り
出すふくよかで温かな味わいは穏やかながらまた別の楽しさを与え
てくれます。
※時節柄飴が溶け易いのでなるべく早めにお召し上がりください。
※非常に柔らかいクレームですのでお召し上がりになられる際は
  充分お気を付け下さい。


b0164894_10292767.jpg

○ル・ブルドン¥480
ビスキュイショコラにココナッツのクレームムースリーヌ、漬け込んだ
パイン、パインとココナッツのババロアを合わせサイドには
パータデコールで模様をつけたビスキュイジョコンド配してあります。
ムースリーヌにココナッツファインを加えバターベースとする事で
存在感を増したココナッツと各々のパートとの対比をお楽しみください。


b0164894_10294447.jpg

◎クール・デ・ズィル ¥520
ビスキュイ、ババロア各々にピスタチオを使い、ソテーしたパイン、
レーズン入りクレムムースリーヌショコラ(製法としてはババロア)
を合わせココアを振ってあります。
ゼバロメ社の個性的なパート・ド・ピスターシュを使用する前提での
話ですが、今まで気付かなかったピスタチオの新しい使い方に感銘を
受けた一品です。

焼き菓子
b0164894_1030292.jpg

◎クランベル・オ・フリュイ・エ・オ・ゼピス ¥450

ココナッツ風味のフランタイプのアパレイユをパートシュクレに流し焼成後
ソテーしたパイン、マンゴー、ライチのガルニテュールを詰めキャトルエピス
風味のクランブルをのせもう一度焼いてあります。
保存:翌日迄 焼き菓子ですが水分が多めなので冷蔵庫で保存して下さい。
但しお召し上がりの際は常温 もしくは軽く温め直した方がより美味しく
頂けます。

デザート
○*ぺーシュ・メルバ ¥800
現代フランス料理に多大な影響をもたらした料理人オーギュスト・エスコフィエ、
彼がロンドンのサヴォイホテルの料理長時代にオーストラリアのオペラ歌手
ネリー・メルバが自身が出演するワーグナーのオペラ「ローエングリン」に
彼を招待しました。エスコフィエはその返礼として彼女の名を冠したデザートを
考案します。それがペーシュメルバです。今では定番のデザートですが
オリジナルはローエングリンに登場する白鳥に準え氷細工の白鳥の羽の間に
バニラのグラス、桃、フランボワーズのソース、綿菓子を飾った豪華な
物だったそうです。


次回開催日
10月1日(土)
(11月の日程につきましては当時お知らせさせていただきます。)
・ドーヴィル(リンゴとカシスのムース)
・シューシュルプリーズ(フランボワース・ルバーブ マスカルポーネのシュー)
・ガドー・グルノブルワ(クルミとフランボワーズ)
など8品程を予定しています。

[PR]
# by setoparkhotel | 2016-06-29 13:00 | Trackback | Comments(0)
日頃のご愛顧誠に有難うございます。

客室ユニットバス傷み具合激しい部屋から
順次再生工事行っております。


施工前               施工後

壁・天井・床をコーティングし鏡面壁には木目アクセント入れました。
b0164894_11115949.jpgb0164894_11133025.jpg









もちろん洗面台・バスタブもコーティングしピカピカです。
シャワー・カランの取り換えもし、お湯の温度調整も簡単になりました。
b0164894_11184597.jpgb0164894_11241918.jpg









照明も以前は一つでしたが、バスタブ付近にもダウンライト増設し
電球色から白色に変更し明るくなりました。
b0164894_112526100.jpgb0164894_11254837.jpg






今回の工事で11室の浴室がリニューアルできました。
徐々にではありますが、今後もリニューアルしていく所存です。

今後とも変わらぬお引き立ての程宜しくお願い申しあげます。
[PR]
# by setoparkhotel | 2016-06-22 11:57 | Trackback | Comments(0)